多種多様な店舗デザインをした時に意識した事

施術を受けた方が満足した表情と言葉を残して帰宅しています

他にも手がけたお店としては美容室もあり、美容室を手がける時に意識した店舗デザインはできるだけシンプルにした事なのですが、シンプルでありつつも寂しい感じにはならないようにも拘りました。
寂しい感じや物足りない様子にならないように、シンプルなデザインの小物などは素材に採用されている材質が高い物にしましたし、一見すると身近に感じられるデザインであるものの、一般家庭では見られない小物を取り入れる事もしました。
さらに、美容室についても飲食店を手がけた時と同様に来てくれた方がリラックスしたり安らぎが感じられる様子になる事をテーマにしたので、自然が感じられる素材をふんだんに採用しています。
美容室に訪れてヘアカットやヘアカラーなどの施術を受ける方の中には、非日常を感じる事を楽しみにしている方がいるのと同時に、他人と近い距離感で施術を受ける事に緊張感を抱く方も少なくないため、安らぎが感じられる自然の素材を多方面に用いた事で、来てくれる方の誰もが落ち着くと口にしてくれています。
加えて、美容室の店舗デザインで基礎になった清潔感を欠かさないようにする事を再び活用して行ったのがエステサロンで、エステサロンは肌に対して直接的施術をする特性上、一見して隅々まで清潔な状態になっている事がわかってもらえるように内装の壁面は白色に拘りました。
白色に拘った事で施術をした後の肌がより白く見えるようになって、施術を受けた方が満足した表情と言葉を残して帰宅しています。

クローズドタイプを選ぶのではなくオープンタイプを選びました次のお客様を速やかに席に案内できる施術を受けた方が満足した表情と言葉を残して帰宅しています